結婚のお祝いを貰ったらその後は?

2019.12.31
結婚のお祝いを貰ったらその後は?

結婚をしたら、周りの方々からお祝いをいただく機会が増えてくると思います。

そこで疑問なのが、お祝いをいただいたらその後どうしたら良いのか。お祝いのお礼のこときちんと考えていますか?

ほとんどの方が結婚のタイミングが初めてのお祝いをいただく機会だと思います。分からないで当たり前。ここではそんなお祝いのお礼についてお話しますね♪

お祝いをいただいたら内祝いを!

結婚のお祝いを貰ったらその後は?

結婚が決まってお祝いをいただいたら、いただいた方にお礼としてお返しをします。そのことを「内祝い」と呼んでいます。

元々内祝いは、結婚や出産などお祝いことがあった時に、幸せのお裾分けとして、普段お世話になっている方や親族に贈り物をすることでした。

しかし昨今では、「お祝いをしないといけないのか」とかえって先方に気を遣わせてしまうことにもなりかねない為、お祝い事があったからといってこちらから贈り物をすることはほとんどありません。お祝いをいただいた方にお返しの意味合いで内祝いを利用することが多くなっています。

今ではお返しの意味合いが強い「内祝い」ですが、「お返し」という言葉は失礼にあたるため、添えるお手紙等で使用しないようにくれぐれも気をつけましょう。

内祝いの相場はどのくらい?

結婚のお祝いを貰ったらその後は?

内祝いを贈るのは良いけど、気になるのがその相場。

地域差もありますが、一般的にはいただいたお祝いの半分相当をお返しするのがベスト。また、披露宴に参加いただいた方からのご祝儀が予想以上に高額だった場合も後日、フォローするのがおすすめです。

親族の場合はまずご両親に相談して、身内の習慣にあわせるのが良いでしょう♪

内祝いはどんなものを贈る?

結婚のお祝いを貰ったらその後は?

次に気になるのは、何を贈ったら良いのか。

まずは先方の好みや、年齢等を配慮したものを考えましょう。ただ、距離のある関係などでそれが難しい場合はタオルやスイーツ、カタログギフトなどの定番商品がおすすめです!

感謝のメッセージを添えるとより良いですよ。

内祝いで気を付けることは?

結婚のお祝いを貰ったらその後は?

最後は、内祝いで気を付けておきたいこと。

贈り物として商品券など、あからさまに金額が表示されているものは避けましょう。内祝いには不適切とされていますので、上記でも述べたようなもので考えてみてくださいね。

また、内祝いを贈る時期にも気を付けましょう。何か月も経って相手が忘れた頃に内祝いが届くのも失礼です。いただいたらすぐに動き始めるようにしましょう!

 

内祝いについて何となく理解できましたでしょうか?結婚のお祝いをいただいたら、お礼として「内祝い」の準備を忘れずにしましょうね♡